データを引き継いでQA Heatmapβ版をアップデートする方法

ホーム » ヒートマップ活用ノウハウ » データを引き継いでQA Heatmapβ版をアップデートする方法

※【ご注意】本手法はサポート対象外になります


まず最初に、QA Heatmapβ版は、正式版リリース時にデータが削除される前提で作られています。(ゲームなどのβ版と一緒の扱いです。)

従って、β版を新しくアップデートしたい場合も、正式にサポートされているアップデート方法は、プラグインをアンインストール後、再度新しいβ版をインストールすることです。データは消えてしまいますが、正しく動きます。この件についてはサポートも行っています。

しかし、β版においても、データを残してアップデートしたいという方も一定数いらっしゃると思います。

この場合サポート外にはなりますが、FTPと、ブラウザの強制再読込をできる人であれば対処できる場合があります。

しかし本方法は完全にサポート外となりますので、もし自信のない方は、ぜひアンインストール後の再インストールをお試しください。

データを残すアップデート方法(サポート対象外)

手順を記載します。

  1. 最新版のβ版をこちらのページよりダウンロードします。
  2. ダウンロードしたβ版qahm.zipを解凍します
  3. 解凍後のqahmフォルダの中にあるdataフォルダを削除します。※サーバーのdataフォルダだけ残す必要があるからです。
  4. FTPにてお使いのサーバーの/wp-content/plugins/qahm/フォルダに解凍したqahmの中にあるファイル一式を全て上書きアップロードします。
  5. ブラウザにて、WordPress管理画面よりQA Heatmap βの管理画面を開きます。
  6. ブラウザにてキャッシュの消去と強制リロードを行い、jsやcssの最新版を読み込ませます。
  7. 新しいβ版プログラムにて、既存データの内容が確認できるようになります。

上記手順を踏んだ場合に、状況がおかしくなってしまった場合は、お手数ですがアンインストール後、再インストールをお試しください。
※正式版ではWordPress.ORG公式サイトよりプラグインのアップデートできるようになる予定です。