QAヒートマップ機能紹介

ホーム » QAヒートマップ機能紹介

QAHeatmapの機能一覧です。QAヒートマップはリンククリックといった特徴的なメニューや特許取得の技術が特徴になっています。


自動バージョン保存

あれ?いつ変更したっけ?を解決 ヒートマップで大切なことの一つは、改善前と改善後のページを比較することです。 しかし、よくあるケースは「あれ、いつ内容を変えたっけ?」とページの更新日付を忘れてしまうこと。もし忘れてしまう […]

Read more

リンククリック

どのリンクやボタンが押されているのか知りたい! どのWebサイトでもボタンを設置したり、リンクの文言を変更したりして、いろいろ改善していきます。それは、ユーザーにちゃんとコンテンツを読んでもらったり、アフィリエイト収入を […]

Read more

ヒートマップ

ユーザーが興味を持っている内容はどれだ? 多くのユーザーがページ中で興味を持っている場所はどこなのでしょうか?例えば下記のようなことが考えられます。 価格 ノウハウ 注意事項 などなど QA Heatmapは、ユーザーの […]

Read more

アテンションマップ

ユーザーはどのあたりに興味を持っている? 結果がでない。でもどこを改善したらよいかわからない。だからGoogleアナリティクスなどを見るけど、やはりヒントが少なすぎる。 そこで QAHeatmapでは、ページ内のユーザー […]

Read more

特許

QuarkAでは2件の特許を出しています。今後もより日本から世界に通じるサービスにすべく、知財戦略を進めていく予定です。 特願2019-167225 CMSと連動し行動解析比較の利便性をアップさせるための特許です。 特願 […]

Read more

精読率

QAHeatmapは標準機能で精読率を表示できます。 精読率(スクロール)は、その名の通り、このページを閲覧した人達のうち「何%の人がどの位置まで読んだか?」を表します。 ページの後半が想像以上に読まれていない場合は対策 […]

Read more