アテンションマップ

ホーム » QAヒートマップ機能紹介 » アテンションマップ

ユーザーはどのあたりに興味を持っている?


結果がでない。でもどこを改善したらよいかわからない。だからGoogleアナリティクスなどを見るけど、やはりヒントが少なすぎる。

そこで QA Heatmap Analyticsでは、ページ内のユーザー行動をより細かく計測することで、多くのユーザーが共通に興味をもっている箇所を表示することができます。

注目(アテンション)されているところを考える

アテンションマップでは、ユーザーが興味をもっている箇所の温度が高く(赤っぽい)、興味がない箇所は低く(青っぽく)表示されます。

アテンションマップを使うことで、ユーザーが共通で興味をもっている箇所がわかり、サイト完全のヒントを得ることができます。

詳しくはヒートマップ活用ノウハウをご覧ください。