WordPressのしくみとサーバー構成

QuarkA

Webサイト・ECサイトなどのWebシステムはさまざまな役割を持つサーバー等が存在します。

  • Webサーバー
  • Webアプリケーションサーバー
  • データベースサーバー
  • DNSサーバー
  • メールサーバー
  • キャッシュサーバー
  • FireWall 
  • ロードバランサー など

物理的に1台のサーバーで複数の役割を担うこともありますし、複数台にわけたシステム構成にすることもあります。

役割や機能、要件(セキュリティ・高負荷対策・冗長化・メンテナンス性)などを考慮してWebシステム構成を考えていきます。

WordPressが稼働するサーバーは、Webサーバー・Webアプリケーションサーバー・データベースサーバーとして3つの役割を持っています。

Webサーバー

ユーザーからのページ表示要求を受け付け、結果をユーザーのブラウザに返す

Webアプリケーションサーバー

Webサーバーからのリクエストを受けて、データベースから情報を取り出すなどの処理をPHPで行い、実行結果をWebサーバーに返す

データベースサーバー

記事データ、ユーザーデータ、商品データなどを格納

WordPressサイトでレンタルサーバー共用プランを利用している場合は、Webシステム構成について意識する必要はありません。

専用プランやVPSプラン、クラウドサービスでWordPressサイトを構築している場合には、アクシデントが発生したときの復旧や高負荷への緊急対応などにおいて「どこを調べればいいか」「だれに相談すればいいか」の目安がつけやすくなります。

Webシステム構成について知っておくと最適なWebサイト運用の役に立ちます。

WordPressサーバー環境 比較

共用レンタルサーバー

小規模サイト向け分かりやすくすぐに使える
1台のサーバーを複数人で利用

●サーバー設定:不要
●専門知識:不要

専用レンタルサーバー

1台のサーバーを専有自由度が高い

●サーバー設定:必要(サーバー管理画面から設定できる)
●専門知識:必要

レンタルサーバー(VPS)

1台のサーバーを複数人で利用するが、領域を仮想化して専有できる
共用よりも自由度が高い

●サーバー設定:必要(サーバー管理画面から設定できる)
●専門知識:必要

レンタルサーバー(クラウド)

必要に応じて柔軟にスペックが変えられる
VPSより高機能

●サーバー設定:必要(サーバー管理画面から設定できる)
●専門知識:必要

自社サーバー

自由度が高いが、ハードウェア・ネットワーク・電気設備等の環境も整える必要がある

●サーバー設定:必要
●専門知識:とても必要

クラウドサービス(AWS・GCPなど)

自由度が高く、臨機応変な対応がしやすい
インフラ知識が必要

●サーバー設定:必要
●専門知識:とても必要

WordPressサーバー構成例(1)
共用レンタルサーバー

共有レンタルサーバー イメージ図

WordPressサーバー構成例(2)
レンタルサーバー「共用以外」

レンタルサーバー「共用以外」イメージ図

WordPressサーバー構成例(3)
ロードバランサーあり

ロードバランサー イメージ図

WordPressサーバー構成例(4)
スケールアウト

スケールアウト イメージ図

WordPressサーバー構成例(5)
データ解析サーバー

データ解析サーバー イメージ図