ユーザー事例

ユーザー事例

西尾張三菱自動車販売株式会社様

いい直帰か悪い直帰か?
気づきが多く発見できています

昨今のアウトドアブームとコロナの影響があり、キャンピングカー&車中泊カーが好調です。弊社ではデリカD:5をベースとしたオリジナルのご提案をしているため、全国からのお客様からお問い合わせ・ご来店をいただいています。

店舗へのご来店とその行動を促すオンラインでの活動が重要と考え、O2O(Online to Offline)マーケティング施策を行っています。その中で現在のサイトをリニューアルすることを検討しており、まずは現状把握と改善ポイントの気づきを得るためにヒートマップツールを探していました。

毎日堂メルマガと愛知県のウェブマーケターの方に紹介されていたQAが、「WordPressプラグインですぐに使えて、しかも無料で始められる」ということで導入しました。

QAはシンプルで分かりやすい機能なので直感的に事実が把握でき、ユーザー行動の録画再生では「いい直帰か悪い直帰か」などGAの数値だけを見ていたら気づけなかった、ページ単位での気づきが多く見つかっています。
サイト全体を分析をしたいときはGA、GAの一歩手前で活躍するQA、と使い分けています。

西尾張三菱自動車販売株式会社
一宮末広店 サービス課 関戸 裕士 様

西尾張三菱自動車販売株式会社は、デリカD:5の年間販売台数トップを誇る三菱正規ディーラーです。一宮末広店は全国各地からデリカ・キャンピングカーユーザーが集う店舗です。

株式会社PROPO様

LP最適化・改善のアイディアがどんどん溢れてきます

ランディングページ最適化を図るには、Google Analyticsだけでは性質上、難しいものがあります。ヒートマップツールを使えばユーザーの行動をより詳しく視覚化できるので、僕もお客さまやセミナー参加者にランディングページの分析ツールとして紹介しています。
しかし、数あるヒートマップツールの中からどれを使えばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな人に僕はQAヒートマップアナリティクスを強く推奨します。
なぜなら初めてヒートマップツールを導入する方から、普段ヒートマップを使いこなしている上級者まで、幅広い人に満足してもらえる「使える」WordPressのプラグインだからです。

もちろんヒートマップツールを導入することで、すぐに売上が上がるわけではありません。
大事なのはデータを分析してそこから仮説を立て、改善作業をすることです。そういう意味ではQAは直感的にわかりやすく、しかも詳しいデータを抽出可能なので改善のアイディアがどんどん溢れてくるでしょう。

限られた時間を最大限に有効するためにも、分析作業を短縮できて改善作業に集中できるQAは、心強いツールになるでしょう。

株式会社PROPO
代表取締役 中尾 豊 様

株式会社PROPO
限られた予算でもCVの最大化を図るための戦略策定、施策を得意とし、地方の中小企業・個人事業主の売上アップ実績を多く持つ。著書に「Google Adwordsで集客・売上をアップする方法」「儲かる検索キーワードの見つけ方講座」(いずれもソーテック社)「ビジネスを加速させるランディングページ最強の3パターン制作・運用の教科書」(つた書房)

株式会社メディアミックス研究所様

WordPressならQA Heatmap Analytics一択です

クライアントのサイト制作・運用支援を行っており、コーポレートサイトからECサイト・LPまで幅広く手がけています。
サイトは作ったら終わりではなくビジネスとともに成長させていく必要がありますが、地方ではまだまだその認識が少ないクライアントが多いのが現実です。

次なる展開への根拠となるレポート・提案資料を、数値やグラフで伝えようと思ってもなかなか通じません。
その点ヒートマップツールはビジュアルで直感的に分かりやすく、クライアントに伝わりやすい、というメリットがあります。
ヒートマップ画面や録画再生を見ながら、次の一手をクライアントと一緒に考えることができるのが魅力です。

ヒートマップツールは「ユーザーがどう動いているのか?」「どこで悩んでいるのか?」「どこか分かりづらいのか?」などUI設計において使えるため、最近はヒートマップ分析で必要な案件が増えています。
いろいろなヒートマップツールを試していますが、WordPressユーザーであればQA Heatmap Analytics一択です。

QAはタグ設置が不要なのですぐに導入できる手軽さもいいですね。日本語サポートもしっかりしていて、意見も真摯に受け止めて開発に活かしてくれる姿勢も気に入っています。

株式会社メディアミックス研究所
チーフクリエイティブオフィサー 杉本 憲昭 様

メディアミックス研究所は、広告やセールスプロモーションなどを通じてお客様の課題を解決するクリエイティブ企業です。web、SNS、テレビ、新聞などあらゆるメディアを扱い、イベントの企画・運営まで行っています。デジタルハリウッドと提携し地域活性化推進のため、クリエイター人材の育成にも力を入れています。

ユーザーの声

ユーザーの声

  • もの凄い機能を持った神プラグイン
    QA Heatmap AnalyticsとGoogleアナリティクスを併用して、ブログ読者の行動を「見える化」し離脱率を改善できました。
  • 最近ヒートマップ分析が必要な案件が増えてきて、いろいろなヒートマップツールを試しています。
    WordPressユーザーであればQA一択です。
  • QAはWordPressプラグインをインストールするだけでサイトへのアクセス状況が確認できるし、録画再生も分かりやすくて、Webに詳しくないクライアントでも使いやすいツールです。
  • 導入が簡単にもかかわらずGoogle AnalyticsとQAを併用してがっつりと解析をしています。
    WordPressでPV数が多かったり内部で複雑な処理をしているサイトでは、そこそこWordPressとサーバーに詳しい人がいたほうが使いやすいかもしれないですね。
  • リライトの効率をMAXにするためにはヒートマップがかかせません。
    感覚ではQAはGoogle アナリティクスの10倍は使えます
    直感的にポイントが分かり小難しい設定がなく、プラグインというナゾの安心感(笑)があります。
    圧倒的に料金が安いのも魅力です。